インプラント

インプラントとは

インプラントの構造

歯科治療の中で最も安定しており長持ちする治療法です。

歯の抜けたところに人工の歯根を植えてしっかりと骨と固定させた後、
その上に人工の歯を製作し装着する方法です。
乳歯、永久歯に続く第三の歯と言われていますので、まるで歯が生えてきたような感覚です。
残っている他の歯に負担をかけず治療ができるため、歯に対する負担が最も少ない治療法です。

骨が十分にある方には非常に良い治療法で、手術はほとんど痛みも無く短時間で終わります。
インプラントはほぼ自分の歯と同じように噛めます。

従来の治療との違い

歯が中間で1本抜けた場合
  1. 従来の治療(ブリッジ)
    歯が中間で1本抜けた場合のブリッジによる治療

    抜けた歯の両隣の天然歯を削って人口の歯(ブリッジ)を被せる方法です。両隣が健康な天然歯であっても、削ることになります。

  2. インプラントで治療すると
    歯が中間で1本抜けた場合のインプラントによる治療

    インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立し、人工歯を取り付けます。自分の歯と区別のつかないくらい自然な治療となります。

歯が中間で2本抜けた場合
  1. 従来の治療(ブリッジ)
    歯が中間で2本抜けた場合のブリッジによる治療

    抜けた2本の歯の部分に加わる大きな力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジにします。支える健康な歯には、大きな負担になります。

  2. インプラントで治療すると
    歯が中間で2本抜けた場合のインプラントによる治療

    抜けた数だけのインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。

奥歯が数本抜けた場合
  1. 従来の治療(局部床義歯=部分入れ歯)
    局部床義歯=部分入れ歯による治療

    取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金でも固定しますが、口の中のバーや止め金には異物感が伴い、口臭の原因にもなります。

  2. インプラントで治療すると
    歯が中間で2本抜けた場合のインプラントによる治療

    数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、口の中もすっきりします。

奥歯が全部抜けた場合
  1. 従来の治療(全部床義歯=総入れ歯)
    全部床義歯=総入れ歯による治療

    全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。

  2. インプラントで治療すると
    奥歯が全部抜けた場合のインプラントによる治療

    数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出したりすることを防止します。

インプラントはこのような方におすすめです。

  • もう一度自分の歯で食べたい
  • 入れ歯はいやだ
  • 残っている自分の歯を大切にしたい

利点

  • ほぼ自分の歯のように噛める
  • 入れ歯のように着脱が不要
  • 残っている健康な歯を守る

欠点

  • 費用が掛かる
  • 手術が必要
  • 必ず定期検診が必要

インプラントをご希望の患者にとって一番良い方法で、かつ当院が出来る高度で最も新しい技術をもって、患者様の生活背景に合わせてオーダーメイドさせていただく治療です。

インプラント治療の流れ

  1. Step1.初診カウンセリング
    初診時にカウンセリングを行い、院長が患者様のご希望を伺います。
  2. Step2.診査・診断
    CT撮影により診査、診断を行います。
  3. Step3.カウンセリング
    インプラントの治療説明と費用決定のカウンセリングを行います。
  4. Step4.1次手術(埋入手術)
    骨に穴を開けてインプラントを埋入します

    1次手術を行います。

  5. Step5.生着期間
    インプラントを安静にして待ちます

    骨に生着するまでインプラントを安静にして待ちます。
    (数ヶ月かかります)

  6. Step6.2次手術
    インプラント頭部にヒーリングカラーを装着します

    1次手術から約3ヶ月後に2次手術を行います。
    インプラント頭部にヒーリングカラーを装着します。

  7. Step7.アバットメント装着
    アバットメントに取り替えます

    ヒーリングカラー周囲の歯肉が治癒したら、アバットメント(人工歯冠の土台になるパーツ)に取り替えます。仮歯を装着します。

  8. Step8.完成
    人工歯冠を作製し、装着します

    アバットメントに被さる人工歯冠を作製し、装着します。

  9. Step9.定期健診
    インプラントを長く機能させるために定期健診にお越しください。

インプラントQ&A

    • インプラントは、何年ぐらいもちますか?

    • インプラントは日常のメンテナンスが非常に大切です。お口の衛生状態がよければ10年以上、中には30年以上問題なく機能している患者さんもたくさんおられます。

    • インプラント治療を受ける場合、年齢の制限はありますか?

    • 一般的に骨の発育が完成する20歳前後から可能です。ただし、上限は特にありません。

    • インプラントの治療費はどれくらいですか?

    • インプラントの治療費は健康保険が適用されない自由診療です。使用するインプラントの本数や設計によって異なりますので、担当医にご相談ください。

    • 治療中、歯の無い期間はどれくらいですか?

    • 手術後、1~2週間は傷口の保護期間を設けますが、その後仮義歯をセットできます。

    • 喫煙者でもインプラント治療は受けられますか?

    • 喫煙が血管収縮、血流阻害、白血球の機能障害の原因になることは知られており、インプラント治療に悪影響を及ぼすことは予想されます。喫煙者でもインプラント治療は受けられますが、手術前後2週間は禁煙をすることが望ましいでしょう。

インプラントの価格

診断料
¥10,000
基本価格
¥200,000(1本)
上部構造
臼歯:¥100,000(1本)
前歯:¥150,000(1本)
骨造成
1本につき¥50,000

※表記は税抜き価格です。別途消費税を頂戴いたします。

診療科目

  • 良い食育はきれいな歯から
  • 採用情報
  • facebook
  • 周辺地図:加藤歯科・駐車場
医療法人嘉生会 加藤歯科
〒637-0036
奈良県五條市野原西1-6-2
TEL.0747-25-3163
診療時間
午前 9:00 - 13:00
午後 15:00 - 20:00
水曜日・土曜日
午前 9:00 - 13:00
午後 15:00 - 18:00
第1・第3 火曜日
午前 9:00 - 12:00
午後 15:00 - 20:00
休診日
木曜日・日曜日・祝日
ページの最初へ